知識

イ・ミンギュ『「後回し」にしない技術』で得た知見

※このサイトはAmazonアソシエイトを使用しています。

今回は、イ・ミンギュさんの書籍『「後回し」にしない技術』に書かれている知識を紹介していこうと思います。この書籍は韓国で22万部を超えるベストセラーで、憧れの「すぐやる人」になるにはどうしたらいいのかを解説してくれるものとなっています。実行力を発揮するプロセスを「決心」「実行」「継続」の3つのフェーズに分けて解説されているので、分かりやすいです。それでは紹介していきます。

『「後回し」にしない技術』の知見

大きな成功

大きな成功を収めた人には、平凡な人たちとは少し違うところがある。そう、他人が頭だけで考えていることを行動に移し、実行したということだ。

「後回し」にしない技術

他人が頭だけで考えるものを、しっかり行動に移すことが大事なんだと気付かされました。逆に言えば、自分が思いつくありとあらゆる選択は全て実践してみるべきだと言い換えられます。周りから無理だと言われるような挑戦でも、誰もやりたがらないような挑戦でも、自分だけが進んでいく勇気が必要だと思いました。周りと差をつけるためには、周りがしない行動をするべきだと言われる意味がよく分かりました。

パーキンソンの法則

人間は時間に余裕があると無駄に仕事を膨らませて、与えられた時間を残らず使い、ぎりぎりになって仕事を終える傾向がある。こうした現象をイギリスの経済学者であるパーキンソンが初めて体系的に明らかにしたことから「パーキンソンの法則」という。

「後回し」にしない技術

これこそ、学生の夏休みが当てはまるんじゃないかと思います。まだ30日あるし宿題しなくていいかと先延ばしにし、前日になって終わらない宿題地獄に飲み込まれていく。学生の頃は笑い話で済みましたけど、社会人になってからは"終わらない"というのはクビと同等ですからね。時間があるうちに終わらせてしまい、余った時間で自分を磨いていくのが大事だと思いました。

公に公言するべき

「公開された考え」は変えにくい。決心があいまいになってしまう大きな理由のひとつは、心の中でひそかに誓うからだ。決心を実行しようとするなら、周囲の人たちみなに知られるよう、公に宣言した方がよい。

「後回し」にしない技術

この言葉の通り、自分は夢を公言してきました。その結果、その夢に辿り着けるような道ができ、キーパーソンと出会うことができました。何か思っていることがあるのであれば、まずは誰かに言ってみることが大事だと気付きました。そして誰かが、自分に夢を語ってくれたときは真摯に向き合い、その人の夢を最大限に応援してあげることが成功する人の特徴なんだろうなと思いました。

意欲を作り出す

作業興奮理論によれば、人間の脳は体がいったん動き始めると止まるにもエネルギーを消耗するため、していることを続けるのがより合理的だと判断するのだ。人間の脳の側坐核という部分が興奮を始め、次第にそのことに没頭できるよう意欲をつくり出してくれる。

「後回し」にしない技術

仕事でもそうですし、趣味でもそう。好きなことならますますそうだろうし、嫌なことならちょっとそう。人間は自分が捧げたエネルギーの分だけ、それに没頭できるという話は凄く核心つくものだと思いました。パチンコで言えば、これだけお金を入れたんだから引き戻せないとか。筋トレで言えば、これだけ時間をかけたんだから衰えたくないとか。自分が捧げたものを無駄にしたくなくて、それに没頭してしまうという流れができるんだろうなと思いました。

死を意識する

死を意識しながら生きる人が生に忠実であるように、締め切りを定めて生きる人の方が高い成果をあげるのは当然のこと。

「後回し」にしない技術

そりゃそうで、死を意識すれば生き方が丁寧になるし、締め切りを意識すれば高い成果をあげられる。いつか来る終わりを意識することで普段より丁寧になれる、というのは誰しもが知っているはずなのに誰もしないという不思議なものですよね。”いつ終わるか分からないんだし、適当でいい”という楽観的な思考の人が多いのかなと思いました。社会人という中で、締め切りをしっかりと守り、順守する人は凄いなと感じました。

さいごに

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: df90f7d95addc8604648a98fced14568-1024x576.jpg

今回は、イ・ミンギュさんの書籍『「後回し」にしない技術』に書かれている知識を紹介していきました。どうだったでしょうか。何かしらを後回しにしてしまう人には突き刺さるような言葉が並べられていました。明日からしよう、と勇気を出すことができます。この記事を通して、この書籍に興味を持ってくれると嬉しいです。このサイトでは引き続き、”知識”の記事を更新していくので随時チェックしてくれると嬉しいです。

-知識
-, ,