名言

日本の俳優『小栗旬』の名言集|所属事務所の代表取締役社長

今回は、所属事務所であるトライストーン・エンタテイメントの代表取締役社長を務める俳優『小栗 旬』さんの名言をまとめていこうと思います。俳優だけでなく、映画監督、実業家という顔を持つ彼だからこそ言える名言があります。そんな格好良い名言を、下記で紹介していきます。

『小栗 旬』の名言集

20代前半

20代前半はどうしても人生経験において理解できないことがいっぱいありました。今この年齢になっても理解できないこともありますけど、あの頃よりは噛み砕けるようになっているかなと思います。

小栗 旬

虻川 幸雄氏の言葉

虻川 幸雄さんに楽なとこに行き過ぎるなよ小栗って言われて。どんなことも楽な仕事だと思ってないですが、ある時ある答えが明確に提示されている場所に行き続けているような瞬間が非常に多かった。そうすると、なぜこうなっていくのかという経過を探るよりも、みんなでその答えにたどり着くことだけが目的で走る、ほかの選択肢を自分の中で生み出すことをしないで動き出す。どんどん自分の精神的な部分で、考えることが安易になっていったというか…

小栗 旬

弱いということは

弱いっていうことが、僕は、悪いことではないと思っていて。弱い心を持ってる人っていうのは、人に優しくできるし、それでいて、自分が弱いことと知っている人のことをなぜ弱いと人は言うのか!っていうことを僕はすごい思ったりするんですけど…。

小栗 旬

ぼく個人として

僕個人としていちばん難しいなと思うのは、「僕らに協力してくださる方がたくさんいること」なんですよね。とてもありがたいことではあるんですけど、できることとできないことが出てきてしまう場合もあるなと。そこは慎重に考えていかないといけないと感じています。

小栗 旬

自分がやりたい作品と

自分がやりたい作品とは全く違うタイプの作品をマネージメントが決めることもありますが、それに出演したことで「こういう小栗旬が観たかった」と言っていただけることもあります。そういった反応が生まれるのはおもしろいのですが、俳優としてのリスクが少ないんじゃないかなと思う部分もあって。もっと役者が責任を背負ってもいい仕事だと思うんです。

小栗 旬

それぞれ責任を負うことで

もっとみんながそれぞれ責任を負うことで、例えばプロモーションにも積極的になったり、いろいろなアイディアが生まれたり、作品にとって良い方向につながっていくと思うんです。なんとなくプロモーションをやって、責任を負うのは主演だけみたいなところも正直あるじゃないですか。でも、一緒に作品を作った人たちが高い志と大きな責任を負っていれば、現状のいろいろなことが変わっていくんじゃないかなと思うんですよね。

小栗 旬

ぼくに対してのイメージ

僕に対してイメージを固定化している人は、僕がどんな役を演じようが簡単には変わらないと思うので。最近あるテレビ番組を観ていたら、僕のモノマネをされている方が何人か出てきたんですけど、全部似たような感じだったんです。僕はこういうイメージなんだなと実感できたというか。でも、逆にイメージが固定化されていたほうが、チャレンジングな役を演じたときにおもしろがってもらえるという楽しみもありますよね。

小栗 旬

同世代の凄いやつ

仕事やプライベートで同世代の凄い奴といっぱい知り合うんで、いつかみんなを集めて何か面白いものが作れたらいいなって思ってるんですよ。それを実現させるためにも、僕自身が実力や信頼を身につけておかなきゃいけないな、と。

小栗 旬

こうなりたい

こうなりたい、ああしたいと思っていると叶うときが来ると思うんです。なにかひとつ叶ったら、求めている自分に追いつくため、次の目標を定めておけば、夢につながっていくんじゃないのかなと。だから、今の自分には足りないけど、いつかの自分には足りることになるのかもしれないという目標を持って頑張るしかない。

小栗 旬

新しく生まれてくるもの

新しく生まれてくるものを否定して旧態依然としているよりも、新しいものの実力を見極めて取り入れる。それが本当に賢い人のやり方なんじゃないですか。

小栗 旬

世界中に色々な

世界中にいろいろな考え方の俳優がいて、役を作ることだけに特化している方も当然います。でも、僕は一緒に作ろうとしてくれる人たちがいるなら、役者としてだけじゃなく一歩踏み込んだ形で参加したいと思っています。

小栗 旬

喜怒哀楽

もちろんこれらの喜怒哀楽には、表現の仕方がいっぱいあって、学ぶべきことも多いのですが、やはり演技として一番難しいのは、喜怒哀楽で済まない部分の演技。

小栗 旬

さいごに

今回は、『小栗 旬』さんの放つ名言を紹介していきました。どうだったでしょうか。いくつもの顔を持つ方だからこそ、一つ一つの言葉に重みが感じられましたよね。生き様が格好良いから、周りもついていこうと思っているように感じました。このサイトでは引き続き、”名言”の記事を更新していくので随時チェックしてくれると嬉しいです。

-名言
-, ,